音楽

パフォーマンス「束ねと解け」では前日まで音楽を使うか迷っていた。ギャラリーで延々と草を束ねている時や、当日の動きを考えている時、候補としていたバッハの無伴奏チェロ組曲の4番と6番を交互に流していた。弦楽器の弦を移動していくその音の質やチェロの音域が、作品によく合っていた。音楽が空間を満たす感覚はすばらしく、作品の力になってくれるだろうと思った。でも、というか、だから、というか、結局使わないと決めた。

演奏は最初、既に持っていたパブロ・カザルスのものを使おうと改めて聴いたらあまりに重かった。たしかにカザルスは眠れない夜に聴こうとしたら逆効果となるほど、聴いていると胸が詰まるような気持ちになる。そこで、新しくヤーノシュ・スタルケル、アンナー・ビルスマも聴き比べてみた。これが同じ曲だとは思えないほど違って、特にビルスマは個人的に大好きになった(パフォーマンスに使うのはスタルケルの方が合っていた)。詳しくはないけれど、バッハはこのような音楽を思いながら、この曲を書いたのではないだろうか。今も聴いているけど、最高だ。

昨年見たリヨンビエンナーレでは、かなりの数のインスタレーション作品に音がついていた。作品のコンセプトからいえば、とくになくてもいいんじゃないかと思われるものにも、無機的な音がスピーカーで加えられていた。それはつまり、空間を支配する、演出する範囲を明確にすること(音だから明確というのはちょっと違うかもしれない)がアートというものだからなのだと、言われている気がした。

インスタレーション作品には、どこまでが作品でどこまでが作品でないのかわからない気持ちになるようなものがある。日本にいるからか、そういう作品に会うことは多い。それが作品が場所に負けてしまっている時は別として、肯定的にも感じる。しかしリヨンで見た作品はそのようなものはなかった。そのことがずっと心に残っている。

 

 

広告

 

増やしたいのは、自己申告の思いや、意味、事前の解釈ではなく、

作品そのものがもつ声。

IMG_4175 2.JPG

 

初日のこと

個展が始まり2週間がたちました。お越しくださった皆様、ありがとうございます。

ギャラリー HAMのオープニングパーティーのお料理は、いつも本当に美味しいのですが、どうしても自分の展示の時は胸がいっぱいで、終わり頃になるまでは、食べ物がなかなか喉を通らず、皆さんが楽しまれているのを幸せに眺めています。今回は展示に草をたくさん使っているので、外でピクニックしているような雰囲気になったらいいなという気持ちを、料理を担当してくださっている方に事前にお伝えしていたら、サンドイッチなどまさにぴったりのメニューを用意くれました。ビバ!

IMG_4337.JPG

そのオープニングパーティーのなか、パフォーマンスをしました。撮影はフォトグラファーの廣瀬育子さん。彼女とはニュートロン東京で発表していた頃に知り合いましたが、今回のような撮影を信頼できる人にお願いしたいと思ったときに、最初に浮かんだのが彼女でした。パフォーマンスの時はほぼ無心になるとはいえ、彼女に撮ってもらえたことでさらに集中することができました。今自分のウェブサイトが工事中なので、こちらにアップしますね。

草を切り、そこに隠れていた杖を見つけ、地面に敷いた布とともに再配置して、インスタレーションを完成させるという時間でした。今は、ギャラリーでその時の映像を一緒に見せています。

 

作品の記録をどう残すかというのは、作品のあり方が多様化している現代ではますます課題になっていますが、パフォーマンスを始めてしまった私も悩むところです。自分に関して言えば、昨年の新城市での洗濯のパフォーマンスを、思いがけず先間康博さんが撮ってくださっていた写真を見て、それがあまりに素晴らしかったという経験がひとつの手がかりになってくれる気がしています。それらは客観的とは程遠く、記録ではなく記憶に近いものでした。私は作る側なので、そこで起こったことをそのまま伝えることなどできない(そもそもその場にいてもなにかを総合的に受け取れるひとはいない)、それをどう残すかというところにも、創造的な試みの可能性がある、という方に偏っていたい。

描くこと

ドローイングは、以前はインスタレーション作品のに向けた始めの頃に作るものだったけれど、最近ではほぼ同時、あるいは事後のことも。
描くことの意味や役割が変わったということだけど、空間を作っているときもおおいに描いている感覚があるし、逆に紙に描くことの凄みも少し分かってきた気がする。

IMG_5026.JPG

記録集を作りました

昨年、初めて行ったパフォーマンス「アルバースの洗濯」の際の写真を集めた、記録集を作りました。5/12からの個展でお披露目できそうです。

デザインはLallasoo Poopo Lab.の中新さん。2016年の川口市立アートギャラリー・アトリアでの「河口龍夫 – 時間の位置」展のカタログを担当された方です。その際に少しお話する機会もあり、いつかなにかご一緒できたらなと思っていたので、このような機会が訪れ、とても嬉しく思っています。

しっとりと濡れた色布の間を縫って歩く、そのような作品の経験を反映したものになったかと思います。ぜひ、会場でお手にとってご覧いただけましたら、幸いです。
(後日、このblogのほうで郵送での販売も予定しております)

スクリーンショット 2018-04-20 9.32.20.png

個展「軸/杖/茎」

あっというまに後半に。
22(金)、23(土)に在廊します。ぜひお越しください。新しく作った小冊子もご贔屓に。

大和由佳個展

http://1210.g-ham.com

軸/杖/茎
axis/cane/stalk2018年5月12日(土)〜6月23日(土)
13:00~18:00  日・月・祝日休廊 (開廊時間が変更しています。ご注意ください)オープニングレセプション
2018年5月12日(土)
18:00~20:00
初日18:30よりパフォーマンスを行います。
皆さま、ぜひお越しください。
 (私個人のウェブサイトは不具合がでており、内容が十分なものになっていません。再開しましたらお知らせします。)

 

yamato.jpg